電話占い師から貰ったアドバイスを大事にするという意識が必要です

他人には優しくしましょう。かつて言われたことです。しかし世の中が複雑になると、他人を見たら泥棒と思え!哀しい現実でもあります。

とはいえ多様化した現代なら、元に戻って他人を信じてみる。疑って生きるより、何かを信じられる人は幸せになれます。

■幸せとは何か
世の中の出来事に関して、片っ端から疑ったり文句を付ける人もいます。それも人生です。しかしその生き方は幸せでしょうか。

それよりも前向きに捉える、信じてみた方が、幸せな人生を送れるでしょう。何かを疑って、その通りになり、やっぱりね。そういう人生は無難かもしれません。

とはいえ寂しいものです。逆に信じて、裏切られた!一時的には落ち込みます。それでも「失敗する方法を教えてもらった」そう解釈すると、次なる挑戦に向かえるものです。

丸い電燈に手をかざす占い師

そもそも幸せとは何か?究極的な問いですが、何かを信じることができる。そんな小さなことなのかもしれません。前向きに生きる人は、皆目が輝いています。

幸せな証拠です。

■占いを信じられる人は幸せです
占いも同じことです。当たらないこともあるでしょう。占いが外れて、怒る人もいます。しかしそのような人は、占いの本当の意味を理解していないのです。

試練を与えてくれた、このステップがあるから先に進める。今は周り道に思えても、後から思い返すと、落とし穴を回避してくれたんだ!冷や汗を感じると同時に、感謝の念が湧き上がります。

このように占いには必ず何らかの暗示があります。それを求めていける、信じられる人こそ、幸せなのです。

■幸せとなるには
人生は長いようで、アッと言う間です。あれこれ手を出すのもよいですが、ひとつのことを信じて続けてみることが幸せへの一歩です。もちろん自分で判断するのがベストです。

それでも迷ったら占いを信じてみましょう。他人を信じられる人ならば、自分も信じてもらえる存在になれます。ならば必ず幸せになれます。